家政婦のミタ あらすじ

蜜の味 あらすじ 最終話 12月22日

蜜の味 あらすじ 最終話 12月22日

直子と雅人は病院を辞め
雅人は地方の小さな総合病院に外科医として迎えらることになった。
雅人と二人で住むための部屋を探していた直子は
勤務先の病院の傍にいい物件があると紹介を受け、
そこに住むことに決めた二人だが
不動産店で契約の手続きの際、二人が内縁関係だと解り
担当者は硬直する。
直子は住民票を提出すれば、雅人が既婚者であることが知られてしまうことに気が付くのだった。





一方、突然、倒れた原田彩の検査結果が出た。
しかし、顕著な病状が見当たらない・・・

その頃、直子らの記事が載った第二弾の週刊誌が・・・

新しい病院に出勤した雅人だが、みんなの目が奇異なことに気が付く。
直子は、家の契約を断られしまう。
世間の風当たりは二人を打ちのめしそうになっていった。

蜜のあじ あらすじ 11話 12月22日

蜜のあじ あらすじ 11話 12月22日

彩から、直子と雅人の関係を告げられた
直子の両親は、激しく反対をするが
雅人と直子の気持ちは変わらなかった。
二人は病院を辞め、
どこか別の場所でその愛を貫こうとしていた。
それを知った彩は
阻止するために、ついに最後の賭けにでるのだった。

家政婦のミタ 最終回

家政婦のミタ 最終回
12月21日放送

ミタは、阿須田家の母親になった。

子供たちに懇願され「承知しました」と、答えたミタは
恵一に署名・捺印済みの婚姻届を差し出す
子供たちから聞いていたものの
恵一は、すぐに結婚は考えられなかった。
しかし、子供たちのためにも「ずっと家にいてほしい」と
頼むのだった。

【送料無料】家政婦のミタ DVD-BOX (6枚組...

【送料無料】家政婦のミタ DVD-BOX (6枚組...
価格:14,141円(税込、送料別)




三田が母親になったことを喜ぶ子供たち
しかし、三田は意外な行動をとり始める

そんな矢先、食事中に恵一が倒れ入院してしまい、
三田と子供たちだけの生活になることに

うららは、恵一のことを忘れるために見合い相手との結婚を
決意する。
式の日取りまで早々と決めてしまうが、そんなうららの前に現れた三田は、自分が阿須田家の子供たちの母親になったことを
勝ち誇ったように告げるのだった。

何故か子供たちの周りで不運なことが
次々と起こり始める。
困惑を深める子供たち
三田の真意は一体何?

引き出せないように定期預金で貯蓄する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。